2013年05月19日

中国に存在する渡らせる気がまったくない横断歩道。ただし100メートルを5秒で走れれば可能。

no title
中国広東省広州には、100メートルというわりと長い横断歩道にもかかわらず、青信号が5秒で変わってしまうという、無茶すぎる信号がある。人類史上最速と言われるウサイン・ボルトですら、100メートル9秒58かかるというのに、一般の人間がどうやればこの信号を渡りきることができるというのだろうか?

映像を見ると青信号となって横断歩道を進んでいくと、半分に到達しない地点ですでに赤に変わってしまう。全力疾走してもおそらく無理だろう。いったい何のために?
ちなみにこちらの映像は数年前に話題となったものだが(
過去記事)、同じく中国広東省、東莞市に設置されている信号だ。たった1秒しか青に変わらない。車用とは言え、1秒は無理だ。信号の上にはご丁寧に待ち時間が表示されているが、赤信号は71秒。71秒をしっかり待って、さあいこうと思ったらもうすぐに赤になっている。

日本でも青が短いという信号もあるにはあるそうだが、押しボタン式だったり、側道用だったりする。みんなの家の近所には、無理すぎる青信号な信号機って存在する?

posted by カツ丼 at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。